logo
ログイン会員登録
記事詳細 Topバナー Iolite 7月号Amazon
記事詳細 Topバナー Iolite 7月号Amazon
XRP image
暗号資産
金融・経済
Web3.0

【NEWS】リップル、日韓ファンドで申請受付開始 XRP Ledgerのイノベーションを促進

里見 晃
2024/07/03

リップルの日韓ファンドが助成金申請を受付開始

リップル(Ripple)社が日韓ファンドの申請受付を開始したことを発表した。両国のXRP Ledger(XRPL)コミュニティのメンバーに革新的なプロジェクトへの助成金を求めるよう呼びかけている。

リップルは2日に企業、開発者、コミュニティメンバーから応募募集を開始、XRPL基盤のプロジェクトへの助成金提供を開始した。

発表によると、XRP Ledger 日本・韓国ファンドは、日本および韓国市場において、XRPLのイノベーションを加速させるための市場特化型ファンドである。

このファンドは、企業や開発社からの申請を歓迎している。企業提携、スタートアップ投資、開発者助成金、コミュニティの成長など、さまざまな取り組みに対するサポートを実施する。

リップルは、急速に進化する暗号資産市場におけるリップル(XRP)ブロックチェーンのイノベーションを加速するため、6月にXRPL日本・韓国ファンドを設立した。

日韓のファンドは、XRPLのイノベーションを促進するために10億XRP(約5億ドル=805億円)を投じるというリップルの幅広い取り組みの重要な位置付けとなる。

この取り組みでは、XRPL GrantsおよびXRPL Acceleratorプログラムを通じて、開発者に包括的なサポートを提供し、財務、技術、ビジネスリソースを提供していく。

リップルは日韓の将来的に有望と思われるプロジェクトや機会を長期的にサポートするために、10億XRP相当額を割り当てることを約束していた。

アジアにおけるブロックチェーンのイノベーションと導入を促進するというリップルの取り組みにおいて、XRPL日韓ファンドの開設は大きな転機ともなり得る。

コミュニティの有名人であるCrypto Eri氏は、アジアにおけるXRPとそのブロックチェーンの将来について楽観的な見方を示し、この新しい取り組みによって革新的なユースケースが発見され、従来のビジネスモデルが破壊され、成長と採用の新しい時代への道が開かれると信じていると述べた。


日本の銀行、80%がリップルと提携

リップルは、日本と韓国における強力な機関とのパートナーシップ、進歩的な規制環境、革新的なブロックチェーンのスタートアップが増加することに支えられ、すでに活気のあるXRPLコミュニティが存在していることを認識している。

さらに日本の銀行の80%がブロックチェーン決済でリップルと提携しており、同社の革新的技術はすでに国内で認知されている。この提携により保証される、より高速で安価な取引は、日本の金融業界におけるリップルの重要性を強調しているともいえる。

また、XRPL助成金プログラムの第7弾では、日韓を拠点とする2つのプロジェクト、VWBLとMoai Financeに資金が提供され、XRP元帳上でのソリューションのさらなる開発と拡張が可能になった。

参考:リップル社発表
画像:Shutterstock


 関連記事

リップル社、ジョージア国立銀行と会談 経済のデジタル化について協議

リップル社、SECにより3,000億円超の罰金に異議 見直しの必要性を主張

里見 晃