logo
ログイン会員登録
OKCoinJapan記事詳細
OKCoinJapan記事詳細
a16z2024年に暗号資産業界で期待すること
暗号資産
Web3.0
NFT
AI

【NEWS】米a16zが暗号資産に期待する「9つの項目」を発表

里見 晃
2023/12/10

a16zが2024年暗号資産業界に期待すること

米ベンチャー・キャピタルのa16z(アンドリーセン・ホロウィッツ)は6日、2024年に暗号資産(仮想通貨)業界において期待しているトレンドとして9項目を公開した。

a16zが公開した「A few of the things we’re excited about in crypto(2024):私たちがクリプトに期待していることをいくつか紹介しよう(2024)」であげられたのは次の9項目だ。


  1. 分散化の新時代への突入
  2. 未来のUXをリセットする
  3. モジュラー技術スタックの台頭
  4. AIとブロックチェーンの融合
  5. 稼ぐための遊びが遊びと稼ぐになる(P2EがP&Eになる)
  6. AIがゲームメーカーになる時、暗号資産は保証を提供する
  7. 形式的検証は形式的でなくなる
  8. NFTはユビキタスなブランド資産となる
  9. SNARKが主流に


DAOの改善と分散化の「新時代」へ突入


法律顧問兼分散化責任者のマイルズ・ジェニングス(Miles Jennings)氏は、「マキャベリ理論」がどのようにDAOの改善に活かせるか言及した。

中央集中型システムの効率性と安定性を考慮すると、分散化が大規模に発展することは困難である。DAOのモデルは分散型ガバナンスの社会政治的現実にあわせて設計されていない。しかし、マキャベリ理論を採用したDAOの出現など、前例のない分散型調整、運用機能などが間もなく登場すると述べた。

また、セキュリティの分野において、a16z Cryptoのエディ・ラザリン(Eddy Lazzarin)CTOは、「暗号化して生成されたパスキーの誕生により、Webサイトやアプリのサインインをより安全にできる」とした上で、「UXはWeb2.0より優れたWeb3.0がより主流になる」と述べた。


AIとブロックチェーンの融合


アンドリュー・ホール(Andrew Hall)スタンフォード大学教授らは、AIとブロックチェーンを組み合わせることで、AIのコストを削減し、民主化につながると主張。分散型市場では誰もがAIモデルの開発に貢献して報酬を得ることができ、大手テクノロジーを凌ぐようになると述べた。

さらに、ゼネラルパートナーのアリアナ・シンプソン(Ariana Simpson)氏は「プレイして稼ぐ(P2E)」ブロックチェーンゲームは当たり前になる。プレイヤーが生み出す価値をより多く獲得できるゲームが出現するとして、P2Eから『遊んで稼ぐ(P&E)』へと変化していく」と語っている。

また、投資パートナーのカーラ・ウー(Carra Wu)氏は、「AIがゲームをつくることにより、ゲーム業界が破綻せず中立であることの保証が必要になる」と述べ、「AIで問題が発生した場合の保証が必要になってくる」と言及した。

このほか、暗号資産プロジェクトではスマートコントラクト開発者によって、プログラムのセキュリティをチェックするための正式な検証が容易になっていると、リサーチエンジニアリングパートナーのダニエル・レイノー(Daniel Reynaud)氏は主張した。

研究パートナーのスコット・デューク(Scott Duke Kominers)氏は、「NFTは偏在するブランド資産になる」と述べ、2024年はNFTがさまざまな企業やコミュニティでデジタルブランド資産として普及するための条件が整うとした。

さらに、a16zの投資エンジニアであるサム・ラグズデール(Sam Ragsdale)氏は、暗号化技術としてSNARK(Succinct Non-interactive ARguments of Knowledge)が主流になるだろうと主張する。

SNARKは計算効率に関する暗号化技術。近年、SNARKは利用しやすい環境になってきたことから、今後ブロックチェーンにおけるコストやスケーラビリティに関する課題解決につながる可能性があるとした。

参考:発表
画像:Shutterstock


関連記事

Web3.0ゲームの約75%が失敗 コインゲッコーが調査結果発表

暗号資産時価総額、前四半期から8.6%減少 バイナンスがレポート発表

里見 晃