logo
ログイン会員登録
記事詳細 Topバナー Iolite 5月号Amazon
記事詳細 Topバナー Iolite 5月号Amazon
Coinbase image
暗号資産
金融・経済
Web3.0

【NEWS】ビットワイズ幹部、「コインベースは敵対的な規制環境から恩恵を受けている」と言及

里見 晃
2024/05/13

規制環境が有利に働いていると指摘

暗号資産(仮想通貨)運用企業ビットワイズ(Bitwise)のCIOであるマット・ホーガン(Matt Hougan)氏が、現在の米国における暗号資産への敵対的な規制環境が「コインベース(Coinbase)にとって恩恵を受ける形になっている」との認識を示した。

これはSEC(米証券取引委員会)が先日、米ロビンフッド(Robinhood)にウェルズ通知(Wells Notice)を発行したことを受けて言及されたものだ。こうした状況が暗号資産取引所コインベースの能力を引き出し、堅実な収益につながり、資金調達とビジネス上の利益促進に役立っていると主張した。

コインベースはSECと対立してきたが、そのなかでも取引手数料などによって2024年第1四半期に16億ドル(約2,500億円)の収益を上げたと報告している。

その上で、ホーガン氏はコインベースが中核となる暗号資産取引所ビジネスを超え、サービスの多様化を進めていることに着目した。そのなかには、イーサリアム上に構築された米ドルペッグのステーブルコインであるUSDコイン(USDC)の成長や、米国外における先物取引の提供が含まれているという。


SECの暗号資産関連企業に対する動き

SECは先月、DEX大手ユニスワップ(Uniswap)とブロックチェーン企業コンセンシス(Consensys)を、そして今月6日には株式売買アプリを手がける米ロビンフッド(Robinhood)にウェルズ通知(Wells Notice)を通達した。

ウェルズ通知はSECが企業や個人に法的措置を講じることを通知する警告だ。いずれも未登録の有価証券を顧客に提供したとし、証券法違反にあたると主張している。

コインベースも昨年、未登録の有価証券の提供に加え、未登録ながら取引所やブローカー、清算等のサービスを運営していたとしてSECに提訴されている。

参考:ホーガン氏X
画像:Shutterstock


関連記事

米裁判所、SEC訴訟でコインベースが求めた申し立てを却下

コインベース、SECとの係争「70%で勝訴」か ブルームバーグのアナリストが分析

里見 晃