logo
ログイン会員登録
記事詳細 Topバナー Iolite 5月号Amazon
記事詳細 Topバナー Iolite 5月号Amazon
Web3.0
メタバース
NFT

魅力的な「コンテンツ創作」があれば、NFTはその後にしっかりついてくる │ 渋谷啓太インタビュー

Iolite 編集部
2023/03/29

Web3.0×NFT Business

魅力的な「コンテンツ創作」が前提!!
NFTはその後にしっかりついてくる

NFT領域に新規参入者を招き入れるには、「参入障壁の高さを大幅に下げる」「魅力的で購入意欲をそそるコンテンツを作る」の二択しかない。

時代の変化に伴い、ユーザーが求めるエンタメ像も変わってきている。特にデジタル技術を活用したコンテンツは重要性を増す一方だ。

近頃はNFTを活用した取り組みも増加し、一般企業の参入事例も出てきた。しかし、ノウハウがないがゆえにビジネスが成立しない、そもそもどのようにコンテンツ化を図っていけば良いのかわからないといった事業者は多いはず。

Web3.0領域を中心にエンタメ創生を手がけるmicroverseでは、渋谷啓太氏を中心としてNFTの活用や企業支援を行い、新規ビジネスを打ち出してきた。新進気鋭の若手起業家が見据えるWeb3.0、そしてNFTやエンタメの形とはどのようなものなのか。


NFT領域を取り巻く近未来の展望
「エンタメ」「HR」「広告」「不動産」など、3年ほどでNFTを活用した「すごいこと」が起きる可能性大。

渋谷:僕たちが事業を展開するNFTという領域において、エンタメ産業にNFTプロジェクト発のIPやコンテンツ等を作っていこうという話のなかで、これまでは極論クリプト層に向けたものを提供するだけで良かった。しかし、2023年はNFTに触れたことのない人たちにも認知して楽しんでもらうフェーズに発展していきます。NFT領域に新規参入者を招き入れるには、参入障壁の高さを大幅に下げるか、非常に面白いコンテンツを作るかという2つの課題があります。参入障壁を下げる方に関しては、ウォレットとガス代の課題を解決する必要があります。

まずユーザーが秘密鍵を管理することがハードルとして高いので、暗号資産交換業のライセンスを有する会社がユーザーの秘密鍵を預かるサービスを提供すれば優越的に解決できるでしょう。

ガス代については、ユーザーがゲームを1回プレイするのに100円とか200円を払うのはあり得ないですよね。これではユーザーはプレイしません。最近ではゲーム特化型ブロックチェーンのOasysが注目されていて、これからも何かしらの特化型ブロックチェーンが出てくると思います。

NFTに関しては、今まではアートやゲーム、エンタメの領域で使われることが多かったし集中していました。ただ、今後は『NFT×○○』の『○○』の部分に関して、3年ほどですごいことが起きると思っています。

僕たちの事業はエンタメがメインですが、HRや広告、不動産など、これまで様子見していた既存の会社がWeb3.0やNFTに関して勉強する流れが強まっています。

企業やプロジェクトが今からNFTを始める際のポイントとして、まずはNFTを一旦は無視した企画を作ることです。NFTを意識し過ぎる、あるいは寄り過ぎた企画というのは、NFTを知っている人にとっては面白いと思うのですが、マスには響かない企画になりがちです。

純粋に面白いアニメや、純粋にかわいく、皆を熱狂させるアイドルを作るなどに注力すべきで、その後に僕たちのようなプレイヤーが参加して、ファンとの長期的な関係構築を可能とするNFTの活用法等を進言させていただく形がベターです。

2023年は多くの人を巻き込むことに力を入れていきます。NFT領域に参加していない既存企業との提携やパートナーシップを増やしていこうと考えています。



Profile

渋谷 啓太
microverse株式会社CEO。2019年頃よりブロックチェーン領域で活動。これまでにプライバシーテックやブロックチェーンスタートアップなどで、事業者向けのソリューション構築やコンシューマー向けのサービス展開など幅広いキャリアを積む。2022年2月からmicroverseの事業を開始し、現在はNFT発のIP/コンテンツ創出事業を手がける。



関連記事

NFTを真に理解し流行させることが強み │ 高長徳インタビュー

今までにないアートの文脈を広げていく │ 中村太一インタビュー

Iolite 編集部