logo
ログイン会員登録
OKCoinJapan記事詳細
OKCoinJapan記事詳細
スクエニ発表
Web3.0
NFT

【NEWS】スクエニ初のNFTプロジェクト「SYMBIOGENESIS」が正式に開始

Shogo Kurobe
2023/12/21

待望の正式リリース

大手ゲーム企業のスクウェア・エニックスは21日、同社初のNFTコレクティブルアートプロジェクト「SYMBIOGENESIS(シンビオジェネシス)」を正式に開始したと発表した。

SYMBIOGENESISは昨年11月にスクエニが発表した新規IPによるプロジェクトで、サービスの正式開始が待たれていた。

同タイトルはDiscordでユーザー同士が情報を交換しあいながら物語を進めたり、隠されたアイテムを探すファンタジーアドベンチャーだ。

ユーザーは物語の舞台となる浮遊大陸に突如襲ってきた「竜」に対抗すべく、ストーリーやヒントを読みながら謎解きを進めていく。

SYMBIOGENESISではNFTコレクティブルアート化された多数のキャラクターが共生する浮遊大陸のなかで、プレイヤー同士の戦略的行動と物語の考察を楽しむコンテンツとなる。

スクエニは、購入したアートのSNSアイコン利用(PFP)や専用コミュニティでの交流のほか、NFTコレクティブルアートをキャラクターに見立てて展開するゲーム性の高さも特徴だと説明している。

なお、SYMBIOGENESISは現時点でGoogle Chromeブラウザ上でのみプレイすることが可能だ。

他ブラウザ対応は未定としている。

また、プレイするには二段階認証済のDiscordアカウントと暗号資産(仮想通貨)ウォレットメタマスク(Metamask)を準備する必要がある。

対応チェーンはイーサリアム(ETH)とポリゴン(MATIC)の2つだ。

対応言語は英語及び日本語となっている。

スクエニはかねてよりブロックチェーンゲームの開発に積極的な姿勢をみせている。

2021年にdouble jump.tokyoとの共同開発で「資産性ミリオンアーサー」のNFTデジタルシールをリリースしたほか、昨年にはゲーム特化型ブロックチェーン・Oasysの初期バリデータとして参加している。

今後もスクエニはブロックチェーンゲームに注力していくことが予想され、「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」といった巨大IPを活用することにも期待がかかる。

参考:発表
画像:発表より引用


関連記事

世界のブロックチェーンゲーム市場規模、2030年に約90兆円まで成長と試算

Web3.0ゲームの約75%が失敗 コインゲッコーが調査結果発表

Shogo Kurobe