logo
ログイン会員登録
OKCoinJapan記事詳細
OKCoinJapan記事詳細
バイナンスの取引イメージ
暗号資産
Web3.0

【NEWS】バイナンスジャパン、あらたに13銘柄上場 国内最多47銘柄を取り扱い

里見 晃
2023/11/15

取り扱い銘柄数は国内最多

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)の日本法人であるバイナンスジャパン(Binance Japan)は15日、あらたに13銘柄の取り扱いを開始すると発表した。これで現在取り扱っている34銘柄とあわせて47銘柄となり、国内最多となる。

これらの新規銘柄は今月27日から暗号資産現物取引において取り扱いが開始される。

今回の新規暗号資産の取り扱い開始決定にあたり、バイナンスジャパン代表取締役の千野剛司氏は声明で「今後もバイナンスが有する世界最大級のブロックチェーンエコシステムやグローバルにおける知見を生かし、日本国内においてさらなるサービス拡充に努めていく」とコメント。

また、「日本国内の暗号資産の普及において主導的な役割を果たしていく」と強調した。


HBARやNEARなどの13銘柄を新規取り扱い


今回あらたに取り扱われる暗号資産は以下の通りだ。


▶︎バイナンスジャパン発表より引用


バイナンスは世界各国で1億5,000万人以上のユーザーを抱えるなど、暗号資産業界における世界最大のリーディングカンパニーだ。

バイナンス・ジャパンは昨年11月にサクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)を買収し、あらたにローンチされ、今年8月に日本に正式に参入した。

取引所のプラットフォームはバイナンスと同じ設計で構築されているため、取引画面や取引ツールなどはグローバル版サービスと同様に高性能かつ多機能なものとなっている。

バイナンスジャパンは日本市場への参入時、取り扱い銘柄を早期に100銘柄まで伸ばすことを宣言していた。今回の一挙13銘柄にも及ぶ新規銘柄の取り扱い開始もこの一環となる。

参考:発表
画像:Shutterstock


関連記事

バイナンスジャパン、サービスを正式リリース 取り扱い銘柄数は国内最多

バイナンスジャパン、6月以降にサービス開始へ

里見 晃