logo
ログイン会員登録
記事詳細 Topバナー Iolite 5月号Amazon
記事詳細 Topバナー Iolite 5月号Amazon
Web3.0
メタバース
NFT

「Web3.0×アバター」で新体験を創出 │ 冨田洋輔インタビュー

Iolite 編集部
2023/03/29

Web3.0×Avatar

SNSの台頭に合わせ、現実世界とは違う『もう1人の自分』を表現するものとしてアバター文化が確立された。数多くの事業者がアバターに取り組んでいるが、国内では特に『ポケコロ』や『リヴリーアイランド』等の人気が根強い。

こうしたヒットコンテンツを手がけるココネ株式会社が、グループ企業を通じてついにWeb3.0領域に進出。これまでにココネグループで代表等を務めた冨田洋輔氏を筆頭に、本格的にWeb3.0サービスを展開していく。

『ポケコロ』等を手掛けるココネが「Web3.0×アバター」で新体験を創出

冨田:現在、クリプト業界は冬の時代といわれています。しかし、私たちが手がけるエンターテインメントに近いサービスは、その影響を受けづらいだけでなく、こういう時代にこそ力を発揮すべきだと考えます。

流行っているからといった理由でココネはWeb3.0事業を手がけているのではありません。10年以上取り組むメタバースとも呼ばれるデジタルワールドを、より魅力的にする基盤技術と捉えています。

世の中のコロナとの向き合い方が変わりオフラインへの回帰が強まるとしても、デジタル世界の重要性が増す流れは止まらない。

アバターにより、今の自分とは違う価値観で生きられ『自由を感じる人』、さらに居心地の良いデジタルの空間で『長い時間を過ごす人』、そして、Web3.0によりデジタル世界に経済が生まれ、経済的に報われた『幸せになる人』が増える。

人々が本質的に求めるのであれば、短期のトレンドに関わらず大きな未来につながります。

2022年、グループ会社のPOST VOYAGERを中心にココネでは独自ブロックチェーン『MOOI Network』を始め、エコシステムとしてNFTマーケットプレイス、DEX、Bridge、2種類のウォレット、そして4つのWeb3.0グローバルサービス『Meta Livly』『PKCL Twins』『JANKEN』『ClawKiss』をリリースしました。

最前線で挑戦した私たちが確信しているのは、時代の流れです。今は小さい流れですが、大河につながる流れをみています。ただし、人も世の中も一足飛びには変われない。私たちはその時代の到来を待つのではなく、自ら推し進めます。

そして、Web3.0にすでに触れている方だけでなく、私たちの最大の支持者で、最も大事なお客様と向き合います。

Web2.0に慣れ親しまれていた方の手を丁寧に引いて、あたらしいWeb3.0の世界を体験いただく挑戦をします。

それは本来、Web2.1と呼ぶべき小さなステップかもしれません。しかし、慌てず焦らず、地に足をつけて、来るべき時代を見据えて進みたいと思います。



Profil

冨田 洋輔
株式会社スクウェア・エニックス、グリー株式会社を経て、2014年よりココネ株式会社。複数部門の責任者、本社・子会社の代表を歴任し、現在はWeb3.0サービスの立ち上げに従事。



関連記事

研究・開発でWeb3.0の裾野を広げる │ 田原弘貴インタビュー

あらたなファッション体験を実現 │ 平手宏志朗インタビュー

Iolite 編集部