logo
ログイン会員登録
OKCoinJapan記事詳細
OKCoinJapan記事詳細
OKCoinJapan発表
暗号資産
Web3.0

【NEWS】OKCoinJapan、日本初となるアプトス(APT)の取り扱いを開始へ

Shogo Kurobe
2024/01/31

取り扱いが開始されれば国内初事例に

国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapanは1日、あらたにアプトス(APT)の取り扱いを開始すると発表した。取り扱い開始時期は今月下旬を予定しているという。実現すれば、アプトスの取り扱いは国内初となる。

また、アプトスの取り扱いでOKCoinJapanの取り扱い銘柄数は36になる。対象サービスはアプトスの入出庫のほか、販売所、積立を予定している。


アプトス(APT)とは

アプトスはAptos Labが開発するレイヤー1ブロックチェーンで、セキュリティ及びスケーラビリティの高さが特徴だ。

さらに、PoS(Proof of Stake)と「Aptos BFT(Byzantine Fault Tolerant)」と呼ばれる独自コンセンサスアルゴリズムの2つを同時に採用している。

また、Metaが開発したプログラミング言語「Move」を使用している点も特徴の1つといえる。

Moveは当初、Metaが計画していたデジタル通貨プロジェクト・ディエム(Diem)での活用が見込まれていた。ディエムが頓挫した後、開発を手がけていたメンバーが集まり立ち上げられた経緯がある。

参考:発表
画像:発表より引用


関連記事

OKCoinJapan COO・八角大輔が語る「OKCoin取り扱い暗合資産に関する取り組みとマルチチェーン対応について」

ラップドビットコイン(WBTC)がコインチェックで初上場へ

Shogo Kurobe