logo
ログイン会員登録
記事詳細 Topバナー Iolite 5月号Amazon
記事詳細 Topバナー Iolite 5月号Amazon
Web3.0
NFT
暗号資産

世界1位のゲームにも携わった実績・経験活かし国内トークン事業を切り開く│増山健吾インタビュー

Iolite 編集部
2023/03/29

Web3.0×TOKEN

世界1位のゲームにも携わった実績
経験活かし国内トークン事業を切り開く

業界全体として規制への対応を踏まえたエコシステムの形成が重要になる。国内事業者を支え、今年はさまざまなプロジェクトをお披露目していく。

2022年は暗号資産市場の市況悪化やFTXの破綻等を受け、企業やプロジェクトの淘汰が始まった年ともいえる。しかし、裏を返せばこの時期にしっかりと成長できる企業・プロジェクトは市況が回復した後、飛躍的な結果を残す可能性が高まる。

BOBGは、国内向けにトークン発行や運用、管理のほか、暗号資産取引所への上場までを支援する。

これまでにdouble jump.tokyoで世界1位を記録した『My Crypto Heroes』等、数々のブロックチェーンプロジェクトに携わってきたCEOの増山健吾氏が、2023年の業界動向、そしてトークンの設計などに求められる考え方について触れる。


今後のトークンの使われ方
金融的な色合いを持つ進化と、ユーティリティに特化する2つの傾向に分かれていく。

増山:マクロ経済は依然クリプトマーケットには厳しい状況が続いていますが、2023年は今までのWeb3.0の荒波の影響を受け、ポジティブ・ネガティブの双方の面から業界が進展すると思います。ポジティブな面では、Web3.0においてさまざまな研究開発を行ってきた各社が、あたらしいプロダクトをリリースする様子がみられるでしょう。プロダクトは、まずは研究開発の一環としてリリースされるかと思いますが、それでも各社の動きが明確になり、業界が大きく推進されることになると思います。そのなかでは、企業を含む多くのプロダクトの淘汰を伴うものも多いはずです。一方、ネガティブな面では、レギュレーションの整備により、各社が自社でカバーできる範囲が狭まっていくのではないかと思われます。

これまでも規制団体によるガイドライン策定が行われていましたが、今後は国家レベルで、顧客保護のための規制強化がより進むと予想されます。

現時点で発表されている限りでもその数はかなり多いです。これに対して、業界はドラスティックに変わる規制にどう対応していくかが問われ、エコシステムを形成する上で非常に重要になってくるでしょう。

トークンの使い方は、より金融的な色合いを持つ進化と、ユーティリティに特化する傾向に分かれていると考えられます。

トークン保有者は、どの業界においても、しばしばトークンを『資産』としてみなす傾向があります。したがって、これらのトークンをどのように使って資産を増やすかという視点からは、従来の金融的な要素がさらに融合されていくと思われます。

一方で、エンタメ業界においては、トークンのユーティリティがより重要になってきています。もちろん、これらのトークンも資産としての側面を持っていますが、あらたな面白い体験を生み出すための一種の遊び道具としての活用に向けた取り組みが増えるものと予想されます。

BOBG社は、過去のブロックチェーンゲームでの知見を用いて、ブロックチェーン領域のトークン発行/管理/運用という面で日本の事業者の方々のエコシステムを支えることを目的としています。

昨年からブロックチェーンを使ってグローバルチャレンジしたい事業者との協業が始まっておりますが、2023年は、いよいよそれらがお披露目される年になるでしょう。協業プロジェクトのグローバルマーケットでの成功をもって、日本を盛り上げていけるよう邁進していきます。



Profile

◉増山 健吾
日本向けにトークン発行/管理/運用業務と関連コンサルティングの提供を行うBOBG PTE. LTD. CEO。double jump.tokyoで世界1位を記録した『My Crypto Heroes』を始めとする複数ブロックチェーンゲーム/ブロックチェーンプロジェクトのプロデューサーを務めたのち、MCH株式会社の取締役を経て現職。



関連記事

IEOであらたなエンタメを創出する │ 藤野周作インタビュー

観光促進で日本全体を盛り上げる │ 橋本竜インタビュー

Iolite 編集部