logo
ログイン会員登録
記事詳細 Topバナー Iolite 7月号Amazon
記事詳細 Topバナー Iolite 7月号Amazon
KATANA_HP
Web3.0
暗号資産
NFT

【NEWS】YGG Japan、ゲーム特化型レイヤー3ブロックチェーン「KATANA」発表

里見 晃
2024/07/03

ゲーム特化型レイヤー3ブロックチェーン「KATANA」

YGG Japanは、ゲーム特化型レイヤー3ブロックチェーン「KATANA」を国内最大級のクリプトカンファレンス「IVS Crypto 2024 KYOTO」で発表した。

KATANAプロジェクトは、Starknetのゼロ知識証明(ZK)技術と、ゲーム開発の定番言語Luaを統合したレイヤー3ソリューションだ。KATANAは正式にStarknetとパートナーシップを締結している。

KATANAのプロダクトチームは日本のゲーム制作やIPの活用に長年の経験と知識を持っているという。IPの強みを活かしたコンテンツを世界に発信することを目指す。

KATANAはその目標を実現するため、トランザクションの速度と強固なセキュリティに加えて、ゲーム開発を容易にするさまざまなシステムを提供する。先進的な技術基盤KATANAを活用することで、ゲーム開発者は従来の技術的制約から解放される。今後はより迅速かつ効率的に革新的なゲームを開発することが可能になるという。

YGG Japanの新事業、プロジェクト「KATANA」については、国内最大級のクリプトカンファレンス「IVS Crypto 2024 KYOTO」内Web3.0 Entertainment Zone「SHAKE!」において、YGGから全容が発表された。


ゲーム開発言語「Lua」を活用

KATANAでは、ゲーム開発で定番の言語「Lua」を活用している。これにより、開発者が感じるブロックチェーンに対する障壁を取り除く狙いがあるようだ。

Luaの軽量性と柔軟性は、多くのゲームエンジンやプロジェクトに支持されている。スクリプティングとカスタマイズの強みがゲーム開発者に人気の理由であり、ゲームのMOD開発にも広く利用されている。

最近は「フルオンチェーンゲーム」や「オートノマスワールド」と呼ばれる新形態のブロックチェーンゲームが増えている。KATANAはブロックチェーンを活用したあたらしいゲーム開発への挑戦をサポートする。

レイヤー3の特徴として高スケーラビリティ、低コスト、高速トランザクション処理、高度なセキュリティを備えている。また、ZK-Rollupに最適化されており、EVMとも連携可能な独自の実行環境「KATANA CairoVM」の実装により、大規模なゲーム開発に対応している。

参考:KATANA ProjectYGG 公式Xアカウント
画像:発表より引用


関連記事

境界線を超えた先にある“熱狂”とは—— 「IVS Crypto 2024 KYOTO」開催直前! 運営責任者Whiplus氏インタビュー

DEAら、コミュニティと推し活を組み合わせたWeb3.0ゲーム「Community Wars」をリリースへ

里見 晃